PAGE

デフレは物価が下がった分実質的には給料は上がっているのです

デフレは物価が下がった分実質的には給料は上がっているのです 日本は、長い間デフレの状態が続いていると言われてきました。デフレとは、デフレーションの略で物価が安くなっていく状態のことを言います。物価が安くなっていくということは、お金の価値が上がっていくことでもあります。いずれにしても、消費者にとっては良いことのように思われますが、企業などの収益を圧迫する結果となってしまいますので、不況の原因だと言われてきました。ですから、当然そのデフレからの脱却は、政府の金融政策として掲げられることとなっていました。そして、今そのデフレの時代が終わろうとしています。

そんなデフレなのですが、不況の原因になっていて、一般家庭では、その結果給料が全く上がらないという状態が続いていることを嘆く声もありました。しかし、この給料が上がらないという考え方には、少し間違っている部分もあります。それは、物価が安くなっているわけですから、実質的には、その物価が安くなった分だけ、給料は上がっているということなのです。実際に家計のレベルでも、出費を抑えることが以前に比べて容易だった部分があるのではないかと思います。つまり、物価が下落した分だけ給料が上がっていると考えることが出来る状態がデフレだということです。